オバマ大統領の概説

オバマ大統領はアメリカ合衆国初の黒人大統領で、弁護士、イリノイ州議会議員、合衆国民主党上院議員を経て合衆国大統領になりました。2009年に初めて大統領に選出され、2013年には2期目の大統領職に任命されました。

特筆すべき政策には、医療保障改革、核兵器廃絶政策、先住民政策が挙げられます。イラク戦争に一貫して反対していることでも有名で、また、2009年のノーベル平和賞受賞者でもあります。

「核なき世界」に向けた国際社会への働きかけを行ったという理由ですが、この受賞には賛否ありますが、核兵器廃絶へ向けた運動は評価すべきだと思います。オバマ大統領は、日本の民主党政権下では軋轢があったと言われています。普天間基地移設問題の迷走などがその理由です。