オバマの生い立ち

オバマはケニア出身の黒人、バラク・オバマ・シニアとアメリカカンザス州出身の白人、アン・ダナムの間に生まれた混血児です。1961年8月4日、ハワイ・ホノルルの病院で生を受けました。両親はハワイの大学で知り合ったといわれています(両親はオバマの生まれた3年後に離婚)。

父はケニアへ帰国後、政府のエコノミストになったそうです。父はイスラム教徒ですが、オバマ自身はキリスト教のプロテスタント派によってます。オバマは十代のころに未成年であるにもかかわらず飲酒をしたり、マリファナやコカインを使用したりしていたエピソードがありますが、しかしながらそのことを後悔していると、大統領在職中の市民フォーラムにおいて述べています。